logo

小さなお店や女性向け店舗等の
ホームページを作成しております

blog

ブログ

サイト制作者向け wordpressにおすすめプラグイン

今回は、私がWordPressでサイトを作成するときに使用しているプラグインをメモします。


目次

    1. 1.どのサイトにも入れたほうが良いと思うプラグイン
      1. ・All-in-One WP Migration
      2. ・SiteGuard WP Plugin
      3. ・EWWW Image Optimizer
    2. 2.次にeditor-style.cssを新規で作成し、記述する
      1. ・Classic Editor
      2. ・Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)
      3. ・All in One SEO
    3. 3.その他私のお気に入りプラグイン
      1. ・Easy FancyBox
      2. ・Smash Balloon Social Photo Feed
      3. ・Admin columns
    4. 4.まとめ

プラグインは、とても便利なものが多く、設定も簡単なものが多いので、何でもかんでもプラグインを入れたくなりますが、一部不具合が起こったり、入れすぎると重たくなったり、とあまりたくさん入れていいものではないようです。
webデザイナーさんやプログラマーさんであれば、出来る限りプラグインを使用せずにphpなどで記述するようにしましょう。

1.どのサイトにも入れたほうが良いと思うプラグイン

All-in-One WP Migration

こちらは、バックアップ用のプラグインです。
簡単に(ボタン一つ!ほんとに簡単♪)WordPress全体を一つのファイルとしてダウンロードすることが出来ます。
自分のパソコンに保存しておくことも出来ますし、同時にサーバー上の wp-content/ai1wm-backups にもファイルが保存されます。
またその「ダウンロード」の管理画面から、これまたボタン一つで過去のバックアップを復元することも可能です!
ただ一つ、操作はすべて手動なので、自分で定期的に操作を行う必要があるのがネックでしょうか。
自動で定期的にバックアップしてくれる機能はないので、そのような機能を必要としている方は、別のプラグイン「BackWPup」などを使うと良いと思います。

ちなみに、仮想環境構築の際の、Localで使用するときはこのプラグインは必須です★

SiteGuard WP Plugin

こちらはスパム対策のプラグインです。
・管理画面のURLの変更
初期設定では、WordPressの管理画面のURLは「http://ドメイン名/wp-admin」となり、ドメインさえわかれば管理画面のURLは他の人にバレバレ~な感じなのですが、
「SiteGuard WP Plugin」をインストールすると、管理画面のURLが変更されます。
なので、「SiteGuard WP Plugin」のインストール後に、ブックマークをしておく必要があります。
ただし、wordpressで設定しているEmailにも新しいログインURLが届きますので、そちらも確認してみてください。
・画像認証機能の設定
管理画面へログインしたりコメントを投稿したりする際に、画像に表示された文字列を入力する機能です。
これにより不正なアクセスから守ることが出来ます。

その他設定で出来ることもありますがこちらでは省略します。

EWWW Image Optimizer

WordPressのメディア内の画像を圧縮してくれるプラグインです。
メディアにアップロードするときに、勝手に圧縮して保存してくれます。
いちいち外部の圧縮アプリなど使用せず、「EWWW Image Optimizer」をインストールしているだけでメディアにアップロードすれば圧縮してくれるので、ラクチンです♪
また、すでにメディアに画像をアップロードしていても、インストールしたときにメディア内の画像を圧縮してくれるので、後からいれても大丈夫です。
さらに、画像を遅延読み込みしてくれる機能付き!便利です。これは入れておいたほうが良いと思います。

ちょっと余談になりますが、「Chrome 75」では、img要素とiframe要素にネイティブの遅延ロードをもたらす新しいloading属性が追加されるようです!
たとえば、imgタグやiframeタグに、下記のように「loding=”lazy”」を追加します。

  1. <img src=“example.jpg” loading=“lazy” alt=“…” />
  2. <iframe src=“video-example.html” loading=“lazy”></iframe>

 

そうすることで、画像の遅延読み込みを行ってくれるそうです。Chromeバンザイ!
但し、現在のところSafariは標準では未対応のようです。

もっと詳細を知りたい方は、下記ブログをチェックしてくださいね。

2.続いては私は毎回入れるけど、状況に応じて入れると良いと思うプラグイン

Classic Editor

多くの方が使用しているのではないかと思うプラグインでもありますが、新しいことにもどんどん適応していかなくてはいけないのがほんとです。
でもやっぱり入れておくと安心「Classic Editor」。
現在のWordPressはブロックエディター(グーテンベルク)が標準となっています。なので、旧式である「クラシック」のエディターを表示してくれるプラグインになります。
クライアント様も、他のブログサイトなどでもなんとなく見たことがあり、直感的に操作しやすいので、「Classic Editor」は入れておいてよいのではないかと思っています。
こちらをインストールしても、記事を書くたびに「ブロックエディター」と「クラシックエディタ―」を選択することも可能です。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

Advanced Editor Toolsは、テキストエディターを拡張するプラグインになります。
ブロックエディターでもクラシックエディターでも使用可能で、テキストの装飾などをボタン一つで出来るように拡張できます。

All in One SEO

言わずもがな、なプラグインですが、ブログなどを採用するサイトには入れておいたほうが良いですね。
SEO対策のプラグインは、「All in One SEO」の他「Yoast SEO」などもありますね。お好みでご利用ください。

3.その他私のお気に入りプラグイン

Easy FancyBox

ページ内の画像をクリックすると、拡大表示してくれるプラグインになります。

Smash Balloon Social Photo Feed

インスタの投稿画像を表示してくれるプラグインです。

Admin columns

管理画面のブログ一覧ページなどでの表示をオリジナルに設定することが出来るプラグインです。
例えば「投稿一覧」のページで、カテゴリやタグを表示させたりできます。
地味に便利です。

4.まとめ

以上、私がよく使用しているプラグインでした!
ネットの世界は日々進化しているので、もっとよいプラグインが開発されたら、また使用してみて更新しようと思います^^